エコ二重ログ施工例ユーロ編 
ヨーロッパアルプスの麓に立つ、3世代住宅

 重量ブロックの上に、ロフト付3階建て二重ログハウスは、耐力壁が、1面で2倍になり、さらに、二重ログの間には、発泡粘土系断熱材を、挿入し、極めて断熱性・防火性・堅牢性の高い構造体である。ロフトは、日本の、小屋組に似通っている、旅行中チューリッヒの書店で見つけた、オーストリーの、建築専門書の中の、構造図面も、かなり我々の在来工法に似ていて、親しみを覚えた。日本でも、200年住宅が、今盛んに、作られ始めている。当社でも、造作一部に、部材生産を、加工出荷している。北欧ハウスだ。数年かけて作られるこのログハウスは、親戚同士が、力を合わせて、作っていくのが、日本とは、違う点だ、3世代にわたる建物を目指す、精神は、本来の、エコログハウス作りの基本姿勢だろう。午後8時ごろまで、時間を忘れて、美しい村の、ログハウスに見入っていた。

 

EUROTOHOのログハウス

dublelog2.htmlへのリンク