クラインガルテンドイツ

 ライン川は橋が少ない代わりに、渡し船で、車とともに簡単に対岸に渡ることができる

Kleingarten

クラインガルテンパーク

街の随所に広がるクラインガルテン

http://www.euro-log.jp/pageon/dortmund1.html
心の安らぎと豊かさを求めて
ドイツ文化交流センターは、ドイツの文化、交流、社会等の、多彩な図書や資料を収集することができます。
 Goethe-Institute   http://www.goethe.de/ins/jp/tok/jaindex.htm

 車の往来の著しい街中に、一つのメインゲートをくぐると瞬時に、別の空間が存在する。周りには、アパートメント群が立ち並んでいるにもかかわらず、この広々とした空間に、染まると、心が大きな広がりを見せる。自由気ままなガーデニングに、新たなイメージが自然にわいてくる。小さな庭ラインガルテンパークとして、集合的な、パブリックスペースとなり、より一層大きな広がりを、見せている。セルフビルドの個性的な表現が、一つの要素になっている。

ここをクリック

 私たちのクラインガルテンドイツ訪問は、フランクフルト駅カフェでの、地図探索から始まった。

ライン川北上は右岸がブドウ畑と並行する道が、楽しい。

 ドイツの街中を車で、走ると、自然に目に触れるKleingarten。 まだ当時は、新しいクラインガルテンで、建物も、
ガーデンレイアウトも全般的に、整然と、整備されていた。メインゲートには、クラブハウスで
食事もでき、ゴミ収集ボックスもそろっていて、メインの道は、緊急自動車のみ通行が許される、看板が付いていた。
近くの住宅からも、いくつか、入口があり、出入りが容易である。