ハロセンニエミ
 Halosenniemi
 
halosenniemi2.htmlへのリンク
Halosenniemi Museum
Lake Tuusula /January
Halosenniemi of Winter

Halosenniemi
ハロセンニエミ

氷結の湖上から
芸術造形研究所

ハロセン岬に、自然を求めて移り住んだPekka Halosenのもとには、いつしか、同様の意思を持つアーテストが彼のもとに集まり、芸術村が形成されていった。

詳しくは http://www.halosenniemi.fi/

 自然保護主義者のハロネンの家、静かな湖畔Halosenniemi(ハロセン岬)先端に建つこの家には、自然への 安息を求める、アーテストたちが、集い、語り合い、新たな芸術を、育んでいった。現在 Halosenniemi Museum
  場所は Google Earth60°26’08.00” 25°03’17.09”にある。
 現在は、博物館として、解放されていて、イベント、展示内容の変更等もあるので、下記ホームページを開くと博物館の催し等の案内を見ることができます。



 宿泊は、少しヘルシンキよりに、戻ると、古い地主の建築物を再生した,
Krapi Hotelliがあり、客室は、牛小屋の再生であり、広い窓越しの眺めも、静寂で明るく、心地よく時間が流れる。国道沿いの、古屋敷は、昼食時バイキングで、利用でき、家族的な雰囲気で、落ち着くことができる。
     

Garden Shop Laube
 木は不思議な力を持っている。小さな造形でも、新しい活気と、新たな創造性をはぐくむ力がある。木の柔らかさが、自分たちの静かな安らぎを与えてくれる。

 既成概念から、解放されたガーデンハウス。MINILOGの予算で、より
効果的な、店舗造りを依頼され、20uの中に、最大限の安らぎ空間を
持たせる雰囲気を提供した。
ガーデニングから造形へ

芸術に対する、新たな分野セラピーを開拓する芸術造形研究所へは